法律は家族を守ってくれる大事な物

父親や母親になり、子供を持つ身になると自分だけを守ればよいわけではなく、家族を守る必要性も出てきます。法律は自分だけでは守れない部分もカバーしてくれて、社会の中で生きていくルールとして作用しています。商法や民法など、ちょっとした買い物や人付き合いなどにも関わっている法が多く、どんな活動にもルールがあり、それを守っているからこそ社会は円滑に回っているとわかります。ひとたびルールを破る人が現れれば、それを正すために実力行使も辞さないのが法です。犯罪行為などは当然許すことのできない行為ですから、現行犯はもちろんのこと、逮捕状が出れば人は確実に逮捕されます。刑法や刑事訴訟法など、ルールを犯した人間に対しての取り決めもあり、それに従って裁きが下されます。これは子供と大人で罰則が異なりますが、基本的に犯罪行為は許されることはありません。きちんとそれを知った上で法を的確に理解し、利用すれば社会はとても過ごしやすくなります。