不動産投資がもたらす2つのメリット

不動産投資をするとどのようなメリットをもたらしてくれるのかですが、それは主に2つのメリットをもたらしてくれます。まず1つ目のメリットは、長期に渡って安定した収入が入ってくることにあります。不動産投資の具体例を挙げるならば、賃貸物件の賃料です。賃貸物件を一度借主が借りれば数年は借りててくれる傾向が強いので、その間ずっと毎月賃料が入ってきます。これが、長期に渡り安定した収入が入ってくる理由となります。特に収益性の高い賃貸物件であれば、高い賃料を長期的に入ってくるようになります。2つ目のメリットは、節税することができることです。近年、サラリーマンの方が副業として不動産投資を始められるケースも多くなっています。サラリーマンは、給与の収入が入ってきます。その収入は、給与所得になります。一方不動産投資で得た収入は、不動産所得に該当します。この給与所得と不動産所得は、損益計算をすることができます。つまり、確定申告をする際に不動産投資の収入が芳しくなかったとしても給与所得と損益をして、所得税を安くすることができます。つまり、節税ができるというわけです。